ブログBlog

板ガラス・窓ガラス、大急ぎ流行中?
2020/03/07

こんにちは、とうとう山口県でも新型コロナ罹患者さんが出たそうです。

早々に周囲の方々に検査が成され、すべて陰性だったとの事でひと安心しました。

当社は社員が少ないので、これが流行したら大変!です。

 

流行といえば当社にも今、流行りがありまして。

お電話で『窓ガラス、取り替えてくださる?割れちゃって・・・』今年に入ってもう3件。

(この写真は実際にガラス交換した窓ではありません)

本来ならサッシ窓のガラス交換のみというのはしないのですが、そこはそれ、地元ガラス屋のネットワークでフォローさせていただきました。

 

 

大きいものでは、『お宅で作ってくださる?取り寄せた加工鏡、割れて届いちゃって・・・』という緊急事態なもの。

納期的にかなりキビシイ案件だったのですが(大きい色付きの鏡で素板の手配も作業依頼もホントに大変だったんです)、長年ガラスを工作している当社ですから色んなところに手を回し、当然フォロー致します。

(こうなる予定だったんですね、)

 

 

さらに『HP見たんですけど、クラフトガラスの製作限界サイズはどのくらいでしょうか?縦に3M近いサイズですけど・・・』

何でも手配するつもりのガラスが、縦サイズが足りないことに気付き!大至急代わりの品をと探しておられたそうです。

このパターンも既に3件目ですね、もう何でも来い!です。

 

 

海外品より日本製が良いですよ〜、配送も運送サイズにしても自由度がありますし時間的にもずいぶんと節約できます。時間が節約できるということは、価格にも響いてきますしね。

こういうところ、町工場的な操業をしている当社の利点と言えると思います。大きな会社だと、製作品の優先順位を入れ替えたり、現場の作業範囲や工程を組み替えるのは難しいでしょうから。

 

ガラスで困ったら、ぜひ当社にご相談ください。社員一同、全力でフォローさせていただきます!

どうぞご贔屓に!

旧ブログ

ページの先頭へ